Hyakusho Blog

柿の木を見つけたハナシ

どうも!ダイスケです!

 

~2か月前~

農園内でこんなものを発見しました。
こ、これは……

 

柿だあぁぁ!!!!

この日から毎日のように柿を観察していたワタシ
はやくこの「うんめぇ」「あんまい」柿を食べたいなぁ~

 

~そんなこんなで10月~

10月上旬の写真がコチラ

 

だんだん熟してきたぞ~
もう待ちきれねえ!!!!!

そして、10月中旬の写真がコチラ

 

いい感じのオレンジ色!!!
収穫したい!!!
でも稲刈り始まったしなかなか時間とれない!
うわあああ食いてええええ!

そしてそして、待ちに待ったお休みの日。

 

カキィィィィ!!!!

 

よ~し いまとってやるからなぁ~

 
 
 

収穫後に気がついたこと

 

これ、渋柿じゃね???

ネットで検索したところ、、、
・まるっこい柿はだいたい甘柿
・尖ってる柿はだいたい渋柿

だそうだ。

 

考えてみりゃぁ、いわゆる「柿」って、まるっこいのをまず想像するよな。
収穫したのは渋柿だったのか…
そういえば数か月前に農園主がこう言っていたな…

農園主
誰も食べないから好きなだけ食べていいよ♪

 

なるほど。

 

 

おばあちゃんの知恵袋

 

甘柿と渋柿の違いも知らなかったワタシ。
収穫しちまった渋柿をどうすればいいのか。
すぐさまおばあちゃんに電話したところ、

・渋柿はだいたい干し柿にする
・渋みを抜く=脱渋(だつじゅう)する方法がある

らしい。

 

脱渋には数種類やり方があるそうで、、、

 

・アルコール脱渋
  35~40度のお酒で処理し保管する方法
  ⇒最も簡単で十分に甘くなる。

・ドライアイス脱渋
  ドライアイスと柿を袋に入れて保管する方法
  (要するに柿を入れた袋の中を炭酸ガスで充満させるってこと)
  ⇒最近あまり家庭ではやらない

・湯抜き
  約40℃の温湯に15~24時間浸漬する方法
  ⇒昔は大量の渋柿を脱渋するのに使っていたそう。
大きなタルに柿を入れ、温湯を張り、温度計を用いて40度前後をキープしないといけない。それを長時間管理するのは大変だった、みたいです。

 

うん、おばあちゃんは何でも知っていた。
そんでもって。

 

次回!アルコール脱渋に挑戦!!!
多種のお酒で実験!!!
どのお酒で処理した柿が一番おいしくなるのか!?!?!?

こうご期待。

 

 

後日談

農園内を探索していると、、、

 

こんなところに「まるっこい柿」があるではないか!!!

 

 

な~んだ甘柿あるんや!!!
ちょいと味見してみ……

 

 

まるっこい=甘柿
ではないようだ。

品種が多い柿。
「まるくて渋い」という、ややこしい品種もあるようです。

 

それではまた。