Hyakusho Blog

東京に行って思ったこと

どうも、ダイスケです。

久しぶりの更新となりましたが、最後の更新あたりから「農」とはいったん距離を置いて、別のことに没頭していました。ほんとうは「農」に近づきたくてしょうがないのですが。

 

さて、先日東京に行ったときに思ったことをつらつらと。

 

 

家賃のはなし

 

社会人数年目になる知人と、家賃の話になった。
彼によると東京の家賃相場は9万ぐらいらしい。

「月9万ってことは年間100万ちょい、10年間で1千万か……」
と思わず考えてしまう。

 

山口県のど田舎では、ぶっちゃけ、年間家賃タダで暮らせる古民家なんてザラにある。

「田舎に住むだけで、年間100万も浮くのか……」
「100万ぶん、働かなくていいのか……」

 

これは家賃に限った話ではない。
井戸水を使えば水道代は約20分の1に。
オフグリッド化してアンペアを下げれば電気代も抑えられる。
ガスコンロの代用でロケットストーブ!なんていうガチ勢もいる。

実際、ペール缶を使ったロケットストーブなんて簡単に作れるし、15万くらいの初期投資と小学5年生レベルの理科の知識があればオフグリッド化はできる。配管や浄化槽、ポンプの仕組みを理解すれば天然水飲み放題。

 

そう、田舎暮らしって、固定費があんまかからないのよね。


お金を使わない暮らしは、工夫すれば案外簡単にできちゃう。

 

 

資本主義社会が推奨する暮らし

 

彼の社会人生活っぷりを聞くと、それはもう心苦しくなった。

「夜遅くまで残業。家に帰って寝るだけ。自炊なんてする暇もなく外食やコンビニ弁当。最近はアイロンがけすらやる余裕がないからクリーニングへ…」

 

これはまさに、資本主義の泥沼にはまって抜け出せなくなっているようだった。


働けば働いた分評価され報酬は増えるが、その一方で「自分でやること」が減っていき「誰かに委託すること」が増えていく。つまりは、支出が増えていく。

その支出がボディーブローとなって手元にお金が残らない。
だから彼は今日も働く。
今日も支出が増える……

 

浪費せよ、消費せよ。
それを上回る収入を得ればいいじゃないか。
浪費せよ。消費せよ。
そうして得られる快楽こそが「豊かさ」なのだから。

 

現代のマネー資本主義は、このような生き方を推奨しているのではないだろうか。

 

これに対して違和感を覚えたのは、僕が大学1年生のとき。

 

 

ヘンリーDソローの「森の生活」に感化されながら、
どうにかして、資本主義にカウンターを一発食らわせてえなぁ、とずっと考えてた。

最近は「里山資本主義」に感化されており、この項ではいくつか引用しています。ぜひ読んでみてください。

 

 

フリーランスという働き方

 

いま僕が目指しているのは、WEBデザイナーのフリーランス。
ネット環境さえあれば、場所や時間を問わず(は言い過ぎか笑)働ける。

 

さっき書いたように田舎暮らしは、お金のためにそこまで働く必要がないし、フリーランスという働き方ゆえに、「自由な時間が増える」と期待している。

 

じゃあ、自由な時間で何をしようか、となるわけだが。

畑を耕して野菜を作り、とれたて新鮮を味わおう。
海へ行って考え事をしながら釣り糸を垂らし、採れた魚を晩御飯にしよう。
裏山の木を間伐して薪を作り、冬になったら薪ストーブの炎をじっと眺めよう。
耕作放棄地の竹を伐採して、籠でも編んでネットで売ろうか。
って言い出したら、キリがないのだけれど(笑)


こういうことをやる過程で、本当の「豊かさ」ってものを感じるのではないかと思う。

 

ちなみにまずは、農作物を生産・加工して売ってみたい。
特に軽トラキッチンカーは憧れる。
社会人経験ないのでビジネスもどきに触れておかないとね。


何を作ろうかしら。

 

 

カウンター

 

「お金を使わない生活やべえ〜楽しい〜いいな〜オレも田舎で暮らしてぇ〜」

と、一人でも多くの人に言わせることが資本主義へのカウンターになり得るんではないか、と思うね。

 

「いやはや、まだまだ動いているのは口だけで。」


と思っていましたが

近いうちにフリーランスデビューすることになりました。
そしてさらに、農業を始める場所や住む家も、候補があがってきています。

 

そろそろ、動き出します。

 

それではまた。